音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

下り坂を感じながらの『「下り坂」繁盛記』

夏風邪を引いた。喉のイガイガがなんとも苛立たしい。昨日今日と早めに帰宅して、ベッドで寝そべって養生をする。エアコンは風邪に良くないので網戸のまま外気を入れるが、おそろしく暑い。

それでも医者で処方された薬のために身体は怠く、強い眠気が襲う。暑さのなか猛然とまどろんでいくなかに季節外れの鶯が囀っていた。

ずいぶん経ってから目が覚めた。依然身体は重く、喉の痛みは相変わらずだ。急に咳き込みが襲うのが恨めしい。

これはもはや下り坂なのだ。

読みかけていた『「下り坂」繁盛記』(嵐山光三郎、ちくま文庫)を、やにむに手に取った。

“上昇志向というのは、人間だけに課せられた罪業である。自分では下降しているつもりなのに、いつもまにか、なにかをしでかしてやろうという野心がふくれあがる。鴨長明の隠遁は、怨念の思いは浄化したものの、人間の業からは逃げられなかった。メラメラと燃える野心が生きていく宿命である。”(「序章 「下り坂」の極意」から)

だんだんと肩の力が抜けていく。自然の空気の流れを甘受しようという気持ちになっていく。

「下り坂」繁盛記 (ちくま文庫)

嵐山 光三郎 / 筑摩書房

スコア:


 
.
[PR]
by k_hankichi | 2016-07-07 20:19 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25770802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-07-07 22:48 x
かなりひどそう・・・呉々もお大事になさってくださいませ。
Commented by maru33340 at 2016-07-08 06:36
火野葦平は自転車で坂道を下りながらいつもこうつぶやく。人生下り坂最高、と。ペダルを漕がず重力にまかせ、ハンドルからも手を離し、降りて堕ちていくことこそ生きる醍醐味ではあるまいか。
Commented by k_hankichi at 2016-07-08 07:51
おようさん、夏風邪は布団で汗かいて退治する、というような対症療法が難しいです。
maruさん、火野葦平のそれ、嵐山さんの本にも出ていました。「最高~!」と叫べるようにしたいです。