「ゴルゴタの丘への行進」の凄さ

名著だというケネス・クラークの『名画とは何か』(ちくま学芸文庫)を読了。美しい絵がいかにして美しいのかということを、何かにおもねることなく格調高く、冷徹ということでもなくて穏やかに見据えている文章だった。

評論の最後で次のように書いている。

“名画という言葉のまわりには数多くの意味が群がっているが、それは何はともあれ、その個人的経験を普遍的なものにするような具合に、時代精神に同化した天才芸術家の作品なのである。(中略)しかし結局のところ、名画は画家自身の天才の創造物にほかならないであろう。”

なるほど。画家そのものが時代と共に何を見て、何を描こうとしたのかということ。絵が上手い下手だということではなく、画家の経験したものは何なのかが浮き彫りになってくるようなもの。それが名画なのだと思った。

僕らは自分の目を通して画家の目、画家の思考を貫いていく。そうしてその心が浮き彫りにされていく。

この精緻な一連の評論のなかで、僕が一番心打たれたのは、ピーター・ブリューゲルの「ゴルゴタの丘への行進」(The Procession to Calvary)についての部分だった。磔刑の場所を遠くに見据えながら、荷車で連れていかれる盗賊たちの絵である。ゴルゴタの丘への道を描いた画家は、ブリューゲル以外にはいないということも初めて知った。

イエス・キリストが描かれていないにも関わらず、彼のどこまでも透徹なる純真さと、それを囲んだ人々の幼児的なるまでの未熟さ憐れさが伝わってくる。怖ろしいほどまでに。

そしてキリストの気持ちがどんどんと伝わってくる。このような人々であろうとも慰め労り無限なる愛を施そうとしたことまでも。

※Wikipediaの説明も詳しかった。→https://en.wikipedia.org/wiki/The_Procession_to_Calvary_(Bruegel)

■「ゴルゴタの丘への行進」(The Procession to Calvary) →https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pieter_Bruegel_d._%C3%84._007.jpg
c0193136_2185855.jpg

名画とは何か (ちくま学芸文庫)

ケネス クラーク / 筑摩書房

スコア:


[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25644165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-05-27 07:52
ケネス・クラークは古典的な美術観で、ポストモダンの時代には少し時代遅れという人もいたけれど、僕は好きです。今、時代が一回りしてまたこの人のような芸術観が流行るように思っています。
Commented by k_hankichi at 2016-05-27 18:26
maruさん、時代が一回りなのですね。よい兆候も、ありますね。
Commented by Oyo- at 2016-05-27 18:55 x
経験によってその天才たちの心が浮き彫りにされていく・・・、
ブリューゲルの絵はまさにそのように私も感じられます。
Commented by k_hankichi at 2016-05-28 09:20
おようさん、ゴルゴタの丘に向けて運ばれる盗賊とそれを蔑む人々を描くことで、彼らは(そして我々は)キリストに対しても同じことをしていたのだ、ということに気付かせる、凄い絵だと思いました。
by k_hankichi | 2016-05-27 06:54 | | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち