構成からして良く理解しなければ・・・『マタイ受難曲』

杉山好による『聖書の音楽家 バッハ <マタイ受難曲>に秘められた現代へのメッセージ』(音楽之友社)を読んでいて、目から鱗が落ちるような思いがした。マタイ受難曲の冒頭の部分についてのことだ。

地上的水平次元での対話(杉山氏曰く)は、e-moll(ホ短調)で始まる。Wo-hin? wo-hin?と、第一合唱と第二合唱が呼びかけあうようなところだ。

“そしてそのやりとりがずっと続いて三十小節目に入ったとき、突如、天からの光が差しこんでくるように、ボーイ・ソプラノの斉唱のコラールが出てくる。いわば垂直次元の開示です。
「おお神の子羊、罪なくして十字架の上にほふられしおん身よ」”

杉山氏は、次のように言う。

“さて右のコラールを斉唱するボーイ・ソプラノを、昔の私は一種のアクセサリーと思っていたんです。(中略)けれどもバッハにとってのコラールは、聖書と並んで自分の音楽の屋台骨を形成していたんです。(中略)っしてこの冒頭合唱を一種のコラール・ファンタジア(幻想曲)に作り上げました。コラールが中心にあって、そこから曲の全体が構想されていったのです。そこで大事な問題は、このコラールが音楽の調でいうとG-durである点です。つまりe-mollに対してその関係長調、三度上のGです。そして同時にGというのはドイツ語ではGott(神)、あるいはGeist(御霊)という単語の頭文字でもあります。まさに地上の世界と神あるいは御霊、精霊の世界とがここで関係調として表裏一体に結び合いながら、この冒頭合唱を形作っている。本当にこれは奥が深くて立体的な楽曲なんです。”(「マタイ受難曲における象徴表現と現代」から)

その奥底にある哲学的なるまでの思想と世界。味わい尽くすのはまだまだ早い。咀嚼していくべき事柄が沢山ある。
 

聖書の音楽家バッハ―『マタイ受難曲』に秘められた現代へのメッセージ

杉山 好 / 音楽之友社

スコア:


[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25641450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2016-05-26 10:34
読みたいような、歯が立たないような。
Commented by Oyo- at 2016-05-26 14:07 x
ほんとにバッハの深さは際限なく続きます。楽譜を分析すればするほど、ため息がでます。流石はんきちさま^^ 
Commented by k_hankichi at 2016-05-26 18:38
saheiziさん、著者はドイツ文学とキリスト教学の専門のかたで、音楽は傍らというかんじです。とはいえ、凄く聴き込んでいることには変わりありませんが。おようさんには合っていそうな人です。
Commented by maru33340 at 2016-05-26 20:33
読まないかんなあ(^^;
Commented by k_hankichi at 2016-05-26 20:54
maruさん、そうどすえ。
by k_hankichi | 2016-05-26 06:51 | | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち