引き続く凡庸

アイヒマンについての作品を観た映画館の受付では、その思想にまつわる書籍も売っていて思わず買い求めていた。『<凡庸>という悪魔』(藤井聡、晶文社)。副題に「21世紀の全体主義」とある。

“いわば全体主義とは、人類が人類である限り逃れ得ることができない宿命なのです。この全体主義という宿命を避けるためには、我々は常に「考え」続けなければなりません。もしも我々が「考える」という十字架から逃れようとすれば、我々はすぐさま、自らの誇りや尊厳、さらには全ての人格を溶解させ、どろどろのまっ黒な辺泥のような液体と化し、互いに溶け合い混ざり合い、あらゆるおぞましき化学反応を起こしつつ、「全体主義」という巨大な悪魔をつくりあげてしまうのです。つまり人畜無害に見える凡庸な人々こそが、意図せざる内に巨大なる「悪魔」そのものとなるのです。”(「第3章 "凡庸"という大罪」より)

「考える」という重い十字架を背負うこと。それが本当にしっかりとした「個々の人」となるための必須なこと。

もしその十字架を下してしまったらば、その先は、自分は知らないけれども・・・と空吹きながら殺戮と破壊を繰り返す世界に加担していく危うい存在となってしまう。

第二次世界大戦の少し前から大きく広がっていった全体主義は、戦争が終わったから無くなったわけではなく、ますます加速して拡張し続けている。

自分もその渦中に知らず内に巻き込まれていく、あるいは、巻き込まれている。早く十字架を背負いなおさねばならない。

〈凡庸〉という悪魔 (犀の教室)

藤井聡 / 晶文社

スコア:


  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25558684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-04-29 17:46
この十字架はなかなか重たおますなあ。
Commented by Oyo- at 2016-04-29 23:29 x
ハンナ・アーレントの映画を観てから、アイヒマンの存在が如何に大きく圧し掛かって来ているか・・・凡庸という普通の人々の意味を常に考え続けて、流されないように個の意識を持って思考していかなければいけない、と本当に気をつけながらも重たい社会ですね。
Commented by k_hankichi at 2016-04-30 18:26
maruさん、おようさん、重い十字架です。背負っていない時もあるように思います。だからいっそう怖くなります。
Commented by maru33340 at 2016-05-01 05:59
時々降ろしてもええんちゃう?
Commented by k_hankichi at 2016-05-01 07:32
maruさん・・・。はっ・・・、はい。
by k_hankichi | 2016-04-29 16:23 | | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち