韓国の桜の都の夢幻

弾丸出張は半島へ繰り出した。昨日は韓国南部の慶尚南道(キョンサンナムド)の昌原(チャンウォン)で仕事。夜になって食事をしていると、先方のかたが、「ここは桜が有名なのです」という。「そうなのですね、日本も桜が満開ですよ」、と話をしていた。

帰る頃になって、宿泊先まで車で送ってもらうことになった。街の雰囲気は横浜の下町のような感じで、とても親近感が湧く。ハングルをもっと勉強しておけばよかったと思ったりする。

宿は近いはずなのに、車はどんどん走っていく。海沿いを走っていたのに何故か山中に入ってゆく。いったいどこに行くのだろう、と思っているうちに、再び市街になり車は到着した。

目の前に広がっているのは、満開の桜の並木。川沿いにずらりと植わっている。なんとそこは、同じ市にある鎮海(チネ)区。余佐川(ヨザチョン)だった。毎年この時期に「軍港祭(グナンジェ)」という祭りが開催されるということで、ちょうどその最頂点の日にあたっていたのだ。

桜の品種は、済州道が原産の王桜(ワンポッコッナム)。ソメイヨシノに極めて似ている白に近い薄ピンク色。アジアの島国でも、大陸から突き出した半島でも、美しさの基準はおなじなのだ、と思うと同時に、人と人、国と国、そしてそこにある心と心の見えない繋がりを感じた。

そして思いもかけぬ夜桜の夢幻に酔いしれた。

c0193136_18223953.jpg
c0193136_18203241.jpg
c0193136_18224288.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25498649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-04-09 21:10 x
やはり日本には無い風情ですね。韓国料理お好きですか?
お気をつけてよいご成果を(^・^)
Commented by k_hankichi at 2016-04-10 14:57
はい、違う風情も良いです。韓国料理は好きな方です。無事帰還しました。
by k_hankichi | 2016-04-09 18:19 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち