音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

原節子伝記の新たな名作『原節子の真実』(石井妙子)

とても読み応えのある伝記だった。『原節子の真実』(石井妙子、新潮社)。未公開写真など多数収録、と添え書きがあったけれども、そんな宣伝とは関係なく、伝記の中身は文句なく良かった。

“美は美を意識した瞬間に失われる、節子はこの時そう悟ったのではないだろうか。だからだろう、彼女は驚くほど自分の美を無造作に扱った。紙や肌が痛むと注意されても海水浴をやめず、美容に神経を使ったり、化粧や衣装に凝ったりすることを嫌った。美にとらわれまいとしたのだろうが、そこには明らかに熊谷からの影響がみてとれる。”(「第二章 義兄・熊谷久虎」より)

鋭い切り口と観察眼に満ちていた。

c0193136_07293159.jpg

原節子の真実

石井 妙子 / 新潮社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2016-04-06 06:52 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25484760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-04-06 19:09
面白そう。
しかし僕はたまった本とCDをきちんと読み聴くために、今月いっぱい新しい本とCDを買わずに過ごそうと決意したから少し我慢するで。
Commented by k_hankichi at 2016-04-06 19:28
maruさん、はい、状況お察しします。ぼちぼちで、お願いします。