音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

『ユダヤ人と近代美術』に驚く

『ユダヤ人と近代美術』(圀府寺司、光文社新書)は、とても面白い評論だった。あまり期待もせずに読み始めたことが恥ずかしくなるくらい、ぐいぐいと惹きこまれた。

ユダヤ人が自らの宗教に忠実であろうとすればするほど、絵画、彫刻というものを拒絶しなければならなかったという。モーゼの十戒ののなかの第二戒に書かれている偶像崇拝の禁止だ。

“「あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水のなかにある、いかなるものの形も作ってはならない。あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない」(「出エジプト記」20:4-5から)”

"堕落して、自分のためにいかなる形の像も造ってはならない。男や女の形も、地上のいかなる獣の形も、空を飛ぶ翼のあるいかなる鳥の形も、地上を這ういかなる動物の形も、地価の海に住むいかなる魚の形も」(「申命記」4:6-18から)"

こういう状況から脱することに至ったのは、フランス革命によるという。啓蒙主義、平等主義、民族解放と発展し、ユダヤ人がその宗教の戒律から解放されて、埋もれていた才能、隠されていた才能を発芽させていった。(※一方、音楽についてはこういった戒律と関係しないと見做され、これに先立つこと半世紀前にメンデルスゾーンらが進出していた。)

c0193136_13182660.jpg

ユダヤ人と近代美術 (光文社新書)

圀府寺 司 / 光文社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2016-03-09 06:34 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25377047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-03-09 07:59
早い!
僕も先日入手したけど、まだ未読。
読むのが楽しみや。
Commented by Oyo- at 2016-03-09 19:10 x
外出して探し、入手しようと思いながら外は急に寒さがまして来て今日は断念。読んでみます^^
Commented by k_hankichi at 2016-03-09 19:18
maruさん、おようさん、はい、お楽しみに!!