音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

しとしと雨の音に目覚める明け方

しとしとと雨垂れがする音に気づいて、目をしばしばさせていると、うっすらと明るみが射してくる。朝のその時間のながれが其ほどまでにゆっくりしていて、しんみりしていることを今更ながらに知る。

昨晩に読了した小説『また、同じ夢を見ていた』(住野よる、双葉社)の余韻が深まっていった。

読み終えたときには、何だ、これ?、訳分からん作品、という感じだったものが、時が経るにつれて意味を持つようになっていったのは不思議だった。

そしてこれが、孤高が過ぎての孤独の淋しさから、幸福とは何かについて考えることで、少しずつ救われて行く過程を示していたのだと気づいていった。

主人公が、経験したことは、夢のなかだけではない。彼女の心のなかや実際の友達たちや先生との対話をし小説を読み、それらの間を漂うにして、マンションのベランダから遥か彼方を観遣りながら空想してきたことなのだと思った。

人のことを思う。人のために考える。

そういうことだ。まだまだ出来ていない僕は、この主人公と同じだった。

c0193136_07145793.jpg

また、同じ夢を見ていた

住野 よる / 双葉社

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2016-02-29 07:13 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25353699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-02-29 07:52
これは「膵臓」の作者だすな。
まだそれも読んでまへんなあ。
どないだす?
Commented by Oyo- at 2016-02-29 10:08 x
今を読む貴殿の昨今の読書、もう付いていけませんが^^このような状態は歳をとっても同じです。私の最近の夢も同質・・・少しずつ救われればいいのですが・・・。
Commented by k_hankichi at 2016-02-29 21:08
maruさん、「君膵」は、お薦めします。おようさん、夜に夢を見られることは、幸せだと僕は考えています。