新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
『『東京物語』と日本人』(小野俊太郎)に再びしみじみとする
『『東京物語』と日本人』(小野俊太郎、松柏社)は、粗いドンゴロス(麻布)でもって各章の表紙が描かれていて、紙面からも小津の世界が香ってくるものだった。

そしてその構成も、これまでの様々な評論と、ずいぶんと異なる。

はじめに 世界が認めたから偉いのか
第一章 尾道から上京する人々
第二章 東京で待つ人々
第三章 戦争の記憶と忘却
第四章 紀子はどこの墓に入るのか
第五章 『東京物語』の影の下で
おわりに 外に開くものとして
“この映画では鉄道をはじめとして「つなぐ」とか「渡る」というイメージが隅々まで効果的に働いているのだ。何よりも尾道の石灯籠の向こうで稼働する渡し船のようすから始まっていた。しかも象徴的に隅田川の向島ならぬ尾道の向島に渡るのである。そもそも渡し船は死者の国へと向かう乗り物である。日本では三途の川の渡し舟の船賃として死者に六文銭を持たせたし、ギリシア神話でも銅貨一枚で運ぶカロンの渡し船がある。とみの死のあとで、人がいない空っぽの桟橋が映し出されるのも、渡っていったあとの空虚さを表す。”(「第三章 戦争の記憶と忘却」より)
映画のみならず、あの時代に同じように生きていた人たちの来し方行く末までを描こうとした評論だった。また小津の作品を観たくなった。

c0193136_16402451.jpg

『東京物語』と日本人

小野 俊太郎 / 松柏社

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2016-02-28 16:39 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25351484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-02-28 18:25
あれ、この本読んでなかった。
読まなきゃ。
Commented by k_hankichi at 2016-02-28 19:03
maruさん、あの時代に自分が生きているような感じになります。