生きることの恍惚を知る・・・『惑星の岸辺』(梶村啓二)

人と人の気持ちを隔てさせてしまうことがあるとすれば、それは何によってなのだろうか。そして、それをつなぎとめてくれるものは何なのだろうか。この小説は、そういうことを通奏低音のように太くしっかりと、星々が遙か彼方から瞬き続けるように静かに教えてくれた。『惑星の岸辺』(梶村啓二、講談社)。カズオ・イシグロと互す、時代の波も超えて読み継がれる作品だと思った。

主人公は、木星衛星探索の途上で事故に遭い60年を経て地球に生還してきた男・甘南備俊介と、それを迎えリハビリテーションさせていく女性医師・橘ムラサキだ。

男の両親や妻は、とうにこの世を旅立っており、周囲には誰一人として自分のことを知る人、そして自分が知る人が居ない。自分の記憶すらあやふやになっている。彼を支えるその女もまた脳の奥底に隠された秘密を抱えている。二人がそれぞれに失ってしまっている心を取り戻すためには、想像を超える困難な行程がある。

彼女が車のなかでそっと掛ける音楽。それは、ヘンデルのオラトリオ『時と悟りの勝利』(HWV46a)の「快楽のアリア」(棘はそっとしておき、薔薇をお取り)だ。'Lascia ch'io pianga' From "Il trionfo del tempo e del disingann".

生きるということの愉悦は、体験を共有することであり、人と人の気持ちを繋ぎとめていくことの答えは、そういった時間と場所と、そして思い出を共有することなのだ、ということをしみじみと深く知った。

■棘はそっとしておき、薔薇をお取り(快楽のアリア) (オラトリオ≪時と悟りの勝利≫HWV46aから)、サンドリーヌ・ピオー(Sandrine Piau)による。→https://youtu.be/iCRi0u_j-Bo
■同、チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)による。→https://youtu.be/VhNRWduBPmY
c0193136_08174217.jpg

惑星の岸辺

梶村 啓二 / 講談社

スコア:


 
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25301906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2016-02-16 07:52
今日の「あさが来た」で、この曲を歌うシーンがあったなあ。
なかなか不思議そうな物語や。
Commented by k_hankichi at 2016-02-16 08:23
maruさん、そうなんだね。観たい。小説、お奨めします。説明しつくせない素晴らしさ。
Commented by Oyo- at 2016-02-17 09:14 x
こちらのアリア、昔、歌ったことがあります。楽譜を無くしてしまって・・・懐かしいなー!
Commented by k_hankichi at 2016-02-17 23:12
おようさん、な、なんと!「朝がきた」の話に続きますね。
by k_hankichi | 2016-02-16 07:11 | | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち