音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

極寒の大陸

日曜日の午後から中国大陸に渡った。上海、そしてそこから移動しての内陸部は1985年以来の大寒波が襲っていてマイナス10度。昼間でも0℃より上がることがない。

屋外に出ると、グッとするような圧迫があった。そのとき息と共に飲み込んだものが、冷たく縮んだ見えない空気の粒子なのだと気付く。顔であるとか手であるとか表に出ている皮膚にも執拗に差し込んでくる。

凍てつく空気は震撼するほどで、これが昔に観たドラマ『大地の子』(山崎豊子原作)の世界だったのだと気付くのは直ぐだ。陸一心 (ルーイーシン)のことが思い浮かぶ。

こんなに平坦で広大で、永遠に果てが無いように見える場所に食い込んでどうにかなると思っていたのか。大昔からの人々が住んでいるのだ。

無謀にも流れ込んだ人々は、敗戦を迎えて混乱する。どっちにいっても同じように見える土地。小さな島国に戻れたこと自体が奇跡としか思えない。

厳しさの大地。厳しさの人々。大陸というものはこんなにも凍てつくのだということを初めて味わった。

昔は苦手だった大陸が、すこしづつ近づいてきた気がする。それは人類の、いや、そうでなければ自分らのルーツを辿る行程の一歩なのかもしれない。
 
バイチューという誠に強い酒の旨さが、その気持ちを倍加させる。

c0193136_23370476.jpg

 
[PR]
by k_hankichi | 2016-01-26 01:08 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25225519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2016-01-26 10:18 x
うわ~、はんきちさん、ご無事で!たぶん戻られたのでしょうがこの大寒波の中を大変なご体験・・・お気をつけになってください。
Commented by maru33340 at 2016-01-26 12:25
あわわ(*_*)
ご無事でお帰りやす。
Commented by k_hankichi at 2016-01-26 18:58
はい、帰って来ました。サブかったです。