音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

『skmt 坂本龍一とは誰か』・・・視点を様々に動かしながら挑戦する男

平積みになっていたので思わず買い求めて一気読みしてしまった。『skmt 坂本龍一とは誰か』(坂本龍一、後藤繁雄、ちくま文庫)。

「ああ、いいなあ・・・」と思ったところを抜粋しておく。

「グレン・グールドが弾いたブラームスの「インテルメッツオ」。」(「020 旅にもっていくものひとつ」より)

「僕にとって、音楽の美の基準のX軸とY軸は、ドビュッシーとバッハだと思う。」(「035 満たされないから」より)

「僕にとっての一番のプライオリティは、「その一瞬の響き」なんだよ。」(「050 僕の音楽の単位」より)

「このところ「フーガの技法」「音楽の捧げもの」」を聴いている。やはり一音一音、耳を傾けさせる。そうか!食事と同じで、究極のものにしか耳が反応しなくなっているのか!?」(「日記から (1997年2月7日)」より)

「つくりながらインスピレイションの「素」にするもの。行き詰ったりする時、白紙から何か始める時、skmtがすること、それは例えば、カルティエ=ブレッソンの写真を見ること。あるいは、ピアノの練習の代わりに、スタッフに頼んで譜面をたくさん買ってきてもらって弾くこと。彼は、その楽譜の中から、バッハの『マタイ受難曲』を弾く。「ああなんて美しい、本当に好きなんだ」って言いながら弾く。」(「149 マタイ受難曲」より)

「フランスはやっぱり、ローマ帝国内の後進国だからさ、詩に関しては難しいんじゃないかな。時間的に千年以上遅れて花咲いた文化でしょう。だから何重にもねじれてるもの。僕らはフランス文化がヨーロッパの中心だって思いがちだけど、そうじゃない。そこから詩に出会えるかな?」(「202 詩のためのランダムなメモ」より)

「僕が特に好きなのは、バルトークが自分の息子のために作曲した『ミクロコスモス』っていう練習曲集。すごくいいんだよ、それが。そう。小宇宙。」(「224 子供のための音楽」より)

視点をさまざまに動かしながら自己を触発啓発し、創造に挑戦し続ける男だと思った。

c0193136_15452535.jpg

skmt 坂本龍一とは誰か (ちくま文庫)

坂本 龍一 / 筑摩書房

スコア:



[PR]
by k_hankichi | 2015-12-07 00:36 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/25027181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2015-12-07 07:27
これは面白そうだな。
Commented by k_hankichi at 2015-12-07 07:40
maruさん、この言葉集は、読み終えたあと、暫くして、何かを考えているときに、ふとまた手にとって繰って、何と書いてあったか読んでみたくなるものです。
Commented by およう at 2015-12-07 10:09 x
何となく素直に入っていけそう・・・。読んでみたいです^^
Commented by k_hankichi at 2015-12-08 05:58
おようさん、はい、坂本さんの様々な思いが分かってきます。良いです。