山之口獏の詩

山之口獏という詩人がいることは、知っていたのだけれど、じっくり読んだことがなかった。都会のなかでも裾野に生きるような暮らしをしてきた彼の詩は骨太で、ゆっくりと胸の奥に沁みてくる。『山之口獏詩文集』(講談社文芸文庫)。

次の詩が一番好きだ。

「唇のやうな良心」

死ぬ死ぬと口にしたばかりに
そんな男に限つて死にきれないでゐるものばかりがあるばかりに
私にまでも
口ばつかりとおつしやるんで
私は死にたくなるのである
あなたの目は仏壇のやうにうす暗い
蔑視々々と言つて私はあなたの視線を防いでばかりゐるので
あなたを愛する暇が殆どないのでかなしいのである
えぷろんのぽけつとからまつちをつまみ出したあなたの指をみてゐた時からだつた
私は私の良心がもしや唇のやうな格好をしてゐるのではないかとそれがかなしくなるばかりである
だから
愛する愛すると私が言ふてゐるのに
嘘々とおつしゃるのが素直すぎてかなしいのである


自分が他者のことを羨ましがり、しかし自らを蔑み、虚勢を張りながら厭世をする。調べたら、太宰治よりも年上で、しかも沖縄の地から上京してきた詩人だ。

まだたくさんの詩人と作品を知る必要がある。

c0193136_20594751.jpg


山之口貘詩文集 (講談社文芸文庫)

山之口 貘 / 講談社

スコア:


  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24798082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2015-10-16 08:30 x
お!貘さんですね^^ お嬢さんを知っています。
Commented by k_hankichi at 2015-10-16 21:01
おようさん、なんと!知り合い系ですか?
Commented by およう at 2015-10-17 21:00 x
知り合い系といいますか・・昔ちょっと^^ おおらかな素敵な女性です。
Commented by k_hankichi at 2015-10-18 07:40
おようさん、そうなのですね!
by k_hankichi | 2015-10-16 06:52 | | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち