いつか渡ってみたい橋

その橋のことは、以前からちょっと気になっていた。渡って歩いてみたいと思っていた。その近くに、旨い讃岐うどん屋もあると聞いていたから猶更で、でもそこは週末は営業していないから、結局訪れることができないでいた。

そんななか、小林信彦の『流される』(文春文庫)を読んでいたら、次のようなことが書かれていて、ああ、もっと早く訪れていれば、その雰囲気をあらかじめ知っておくことができたのに、とちょっと悔しいようなさみしいような気持ちになった。

“新宿通りを横切って、舟町と荒木町の間をまっすぐ歩くと、道が途切れた。その先は崖であり、塵芥の捨て場であった。生ごみのたぐいが崖にへばりついていた。下を広い通り(靖国通り)が走っているので、道が途切れているのが奇異に見えた。広い通りの向こう側の崖もごみ捨て場であり、常識的に考えて、広い通りの上に橋がかかっていないのがおかしい。(中略)時間が飛ぶが、昭和三十年代に私は再び左門町に住む成り行きになった。その時にはすでに橋がかかっており、曙橋という名前だった。気になるので調べてみると、昭和三十二年六月に開通したとある。<東京で最初の立体交差陸橋>と区史には期してあり、両側の道の<突き当りは「よしず」で閉ざされ行き止まりになっていた>とある。”(第八章 最後の年」より)

こんど、新宿歴史博物館やら塩湯を訪れたあとに、足を運んでみよう。

流される

小林 信彦 / 文藝春秋

スコア:


  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24624537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2015-09-02 10:12 x
はんきちさーん、またもや驚き(*_*) 一昨日読み終えた本です。私もこの箇所、気になったのです(*^^)v
Commented by maru33340 at 2015-09-02 20:14
ああ、懐かしき時代よ
Commented by k_hankichi at 2015-09-02 20:35
おようさん、あらまあ、奇遇です!
maruさん、曙橋、界隈をご存じなのですね。
by k_hankichi | 2015-09-02 06:46 | | Trackback | Comments(3)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち