音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

大切なシーンが蘇る

件の小説『存在の美しい哀しみ』(小池真理子)の最終章は、ウィーンで締めくくられる。この章は、とても素晴らしい仕立てなのだけれど、さらにそれを装飾しているのは、次のような記述である。

“モーツァルトハウスから少し南に下がって行くと、ふいに、美しい石畳の小さな広場が現れた。フランツィスカーナ広場、とある。中央に、煤黒くなった八角形の縁石に守られるようにして、黒い銅像が立っている。その向こうには、淡い水色の小じんまりとした教会がある。(中略)中に一軒、オリーブグリーンの壁の、ごく小さなカフェが見える。「KLEINES CAFE」とある。(中略)それが、『ビフォア・サンライズ』というタイトルの、ウィーンを舞台にした映画に登場した場所であることを思い出したのは・・・”(「ウィーン残照」より)

これまで観た映画のなかでベスト3に入る作品のことが(いや、ベスト1としても良いかもしれない)、ぽっと出てきて、急激に動悸が激しくなった。小説の結末が幸せで終わることを予感させた。

■『Before Sunrise』トレイラー →https://youtu.be/jGvcbSabADM

 

存在の美しい哀しみ (文春文庫)

小池 真理子 / 文藝春秋

スコア:


 
[PR]
by k_hankichi | 2015-08-31 06:05 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24617235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2015-08-31 12:37
お!
Commented by k_hankichi at 2015-08-31 19:02
です!