音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

ドラマ的な「乗り過ごさず=乗り早し」

降りたはずの駅で歩き始めると、どうも様子が違う。

「降りたあとは階段を上り左に曲がって…」と無意識にも頭にあったはずなので驚いた。

地下鉄なのに、出口に向かう階段が下り階段になっている。そんな駅はあまりないはずで、分かったのは三駅も手前で降りていたということだ。

「乗り過ごし」の逆の言葉はあるのだろうか?「乗り早し」だと最上川みたいな語感になるのでどうも違う。

そんなことを考えていたら、空想がどんどん拡がる。

「間違って降りた先はピョンヤンだった」
「東京の家をでて暫くして気付いたらサントノレ通りに立っていた」
「飛行機が着陸したのはセーベル・ナヤゼムリャ諸島だった」
「南千住の尾花に鰻を食べに行ったはずが、蒲田の焼き鳥屋にいた」
「仕事でみちのくに来たはずが、プレゼンをしつつ汗をかいていた」(こりゃ有り得る)
「シュトゥットガルト駅舎にてヘーゲルの哲学からの文を眺めていたら、隣にハイデガーが立っていた」
「モーツァルトの『魔笛』を聴いていたはずが、霧笛が響く神戸港に佇んでいた」

あー朝から、だんだん分からなくなってきました。
  
[PR]
by k_hankichi | 2015-07-03 07:48 | 街角・風物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24345986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。