『たまもの』(小池昌代)を読む

小池昌代の小説『たまもの』(講談社)を読んだ。捉えどころのない、夢遊的な、しかし、意識のある下で、いくつかの出来事がしっかりと進んでいる、そういう感じの小説だった。

学生時代の男友達が付き合っていた女との間にできた子供・山尾を、あろうことか引き受けることになり、仕事をしながらも、その子供を育ていく。その過程で、さまざまな男たちと出逢う。昔の知り合いだったりもするし、ひょんなきっかけでそのような進展になっていったりする。

主題は女からみた男であり、しかし血の繋がっていない子供が、そこにのめり込むことに歯止めをかけている。アンバランスのバランス。

“子供っていつも、いきなり、とても、抽象的なことをいう。ただ、きらきらしたものって言われても、目的も何も知らされていないわけだし、例示もないわけだから、言われたほうは困るよ。物事を整理し、時間軸に沿って、自分以外の者に説明するという能力がないんだ。やつらには時間というものがながれてないんじゃないか。いつだって、「今」しかないので、過去にこんなことがあり、それを踏まえて今があり、だから、未来のために、いま、何をすべきかというふうに、一連の流れのなかで、物事を考えられない。いつ時間の区切りがわたしのなかに生まれたのだろう。思い出せないけれど、そのとき、わたしは大人になったのかもしれない。”

そういう表現があって、まさにそうだよなあと思った。ちょうど先ごろに観た映画『6才のボクが、大人になるまで。』のことを想いだした。

子供がいるからこそ、狂わしい世界に落ち込まない。まさにそういう意味での「たまもの」ということなのか。
 

たまもの

小池 昌代 / 講談社

スコア:


  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24225314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2015-06-10 08:16 x
なるほど・・・(^・^)
Commented by maru33340 at 2015-06-11 06:40
こりゃ、なかなか濃そうな小説やね。
Commented by k_hankichi at 2015-06-11 07:20
おようさん、maruさん、あまり触れたことがない世界で、そういった意味では新鮮でした。
by k_hankichi | 2015-06-10 06:48 | | Trackback | Comments(3)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち