『東京百景』(又吉直樹)を知ってしまったこと

ピース・又吉直樹の小説が売れているという。書店の店頭で少し繰って見ただけだと、良くわからなかった。買って読む勇気はなかった。そんななか、『東京百景』(ヨシモトブックス/ワニブックス刊)というエッセイ集が出ていることを知った。ああこれは『富嶽百景』のモジリだなと思った。

太宰が好きだという人には近寄らないほうが良い、と太宰好きの自分には分かっていて、だから避けた。

そういう心の隙に付け込んだのか、知らないうちにそれを買い求めていた。表裏のカバーが昭和初期の本の装丁に似せたものになっている。手に取って見ると、なにか懐かしさが込み上げる。

次のような一節にも、心がカタッと鳴った。震えそうになった。

“どぶの底を這うような日々を送っていた。当たり前だが金が無いと飯が食えなくて腹が減る。働けば良いのだけれど仕事がない。バイトの面接には受からない。雇ってもらえても力仕事だと長続きしない。”(「池尻大橋の小さな部屋」より)

なんだ、これは太宰の『晩年』のなかの一篇、『葉』ではないのか。

“撰えらばれてあることの
恍惚こうこつと不安と
二つわれにあり
         ヴェルレエヌ

 死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目しまめが織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。”

止めておけばよかった。誘惑があるだろう今後も、この魔の手に乗ってはならない。こちらまで、語り口が似てきてしまう。あぶないあぶない。そう頭の中に念じた。

太宰が好きだという人は近寄らないほうが良い。念じておいても、心が自然にそれを許してしまい、こじ開けられてしまう。そうして、いつかまたこの著者の本を買い求めてしまっている。そういうものなのかもしれない。パンドラの匣だ。
  

東京百景 (ヨシモトブックス)

又吉 直樹 / ワニブックス

スコア:


  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/24043882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2015-05-14 06:49
才能あるんです、この人。
『カキフライがなかったらこなかった』という新俳句のような本を本屋でみられたし。
Commented by k_hankichi at 2015-05-14 06:58
なになに?カキフライが題名になっている新俳句?

大好物であるし(カキフライが)、見てみます。
Commented by saheizi-inokori at 2015-05-14 22:00
ということはこの記事を読むべきではなかった?^^。
Commented by k_hankichi at 2015-05-14 22:31
Sahieziさん、もし、お好きならば、はい、そうです。
Commented at 2015-05-14 23:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by k_hankichi | 2015-05-14 06:31 | | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち