みちのくは雨、芭蕉を想う

関東も雨だったが、みちのくも雨。朝、曇天が低く垂れ込める。枯れ木と枯れ葉におおわれた景色は如何にも殺風景で、侘しさが漂う。

「今日ばかり 人も年寄れ 初時雨」

「木枯に 岩吹きとがる 杉間かな」

「三尺の 山も嵐の 木の葉哉」

そんな心持ちの朝だ。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/23126361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2014-11-27 08:09
枯れたもの、冷えさびたるものに芭蕉は美の極まりを見たそうな。
環境の変化の中、風邪注意されたし。
Commented by およう at 2014-11-27 13:23 x
寒そうな句・・・お気をつけて。
by k_hankichi | 2014-11-27 07:26 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち