音とともにある

オーディオファンというものは、静かに黙しているものだということを、改めて知った。

長年一緒に仕事をしてきた同僚がファンだと知ったのは、ついこの間で、その彼のマニア度といったらなかった。

この自分でさえ、同じ機種の64GBウォークマンを4台持っていて、それでも収納する容量が足りないと嘆いていたが、その彼は、もうこの時点でハイレゾ音源にシフトしていて、そしてインナーイヤー型イヤーフォンも複数本(そのなかにはShureの10万円超含め)を持っている。

目の玉を見開き続けても、そのマニア度の片鱗にさえ触れることができなさそうで、さすが電機会社に入る人は違うと思うのだった。

音については薀蓄のある人たちが多いのだということは知っていても、その人口密度の大きさは、ちょうどコンサートのあとの東京文化会館の出口ぐらいなのかしらんと感じて、ただひたすらため息をついた。
  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/22710941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2014-10-03 23:35
ハイレゾはやはりええのんか?
Commented by k_hankichi at 2014-10-04 17:48
maruさん、どうもそうです。ぼくらが必要な世界です。こういう製品に一番近くなくてはいけなかったなあ、と反省。どうぞ宜しくお願いします。
by k_hankichi | 2014-10-03 21:57 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち