イザイの妄想

Youtubeを眺めていたら、ウジューヌ・イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ品27の第2番第1楽章が、ふとしたはずみに流れてきた。ユリア・フィッシャーによる演奏だった。

「Obsession = 妄想」と題するこの曲は、ほとんどバッハにとりつかれ悪夢のようにそれがまとわりつきうなされるような雰囲気で、僕が夜明けに観る夢にも似ていて、だからなおさら引き込まれた。バッハを想い憧れ、そしてそれを思うがままに散りばめられたようなピース。

僕はイリヤ・カーラーの音盤を聴き馴染んではいるものの、この女性の緩急の激しい心揺さぶられる音には魅了される。

彼女のほかにもヒラリー・ハーン、ベラ・ヒストバ、アナベラ・シュタインバッハ、クリストフ・バラーティと、さまざまにYoutubeにアップされていて、イザイの妄想が音楽家たちのなかにも沁み渡っていた。

奇しくも女性ヴァイオリニストが多い。妄想に取りつかれるのは俺のようなへっぽこな輩ではなくて、はたして女性の方が多いのかしらん。

■ユリア・フィッシャー(Julia Fischer、1995年のユーディ・メニューイン国際コンクール優勝[11歳]、、1742年製(1750改製)ジョバンニ・バッティスタ・グァダニーニ、フィリップ・アウグスティン(Philipp Augustin)の2011製) 
Homepage→http://www.juliafischer.com/index.php/en/
演奏→http://youtu.be/R6wTk6rBIXk
 
■ヒラリー・ハーン(Hilary Hahn、1864年製ヴィヨーム (Vuillaume) ) 
Homepage→http://hilaryhahn.com/
演奏→http://youtu.be/ut1H-3tE6jk


■ベラ・ヒストバ(Bella Hristova、1655 Nicolò Amati violin)
Homepage→http://www.bellahristova.com/
演奏→http://youtu.be/PqUQdIujKPU

■アナベラ・シュタインバッハ(Anabella Steinbacher、2000年にハノーファーで開催されたヨーゼフ・ヨアヒム・ヴァイオリン・コンクールで入賞、1716年製ストラディヴァリウス「Booth」)
Homepage→http://www.arabella-steinbacher.com/
演奏→http://youtu.be/ounSY8eijgM

■クリストフ・バラーティ(Kristof Barati、2010年第6回パガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリンコンクールで第1位、1703年製ストラディヴァリウス"レディ・ハームズワース") 
Homepage→http://kristofbarati.com/
演奏→http://youtu.be/6nbm4JR76nY
  
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/22598140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2014-09-16 18:50 x
同じ曲でも個性豊かな音色^^
Commented by k_hankichi at 2014-09-16 20:22
おようさん、そうですよね。千差万別。これが個性であり芸術なんですね。
by k_hankichi | 2014-09-15 23:08 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち