みちのくの秋の気配

今朝のみちのくは7時でも16℃。神奈川で残暑がまだ続くのかとやきもきしていた週始めとはうって変わっての、秋満載の気分である。

「秋風の
ヴイオロンの
節ながき啜泣
もの憂き哀しみに
わが魂を
痛ましむ。

時の鐘
鳴りも出づれば
せつなくも胸せまり
思ひぞ出づる
来し方に
涙は湧く。」
(「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌ、堀口大學訳から)

ちょうどヴァイオリンについての本を読んでいて、19世紀の頃のその音というものは今の演奏家の音色と全く違うのだとあって驚いていたのだけれど、ヴェルレーヌはそういう音を聴いての感慨だったのかしらんと、その昔に思いを馳せた。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/22517604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2014-08-27 18:10 x
こちらも急に涼しさがましてきました。
シベリュウスのヴァイオリン協奏曲が聞こえてきます(^^♪
Commented by k_hankichi at 2014-08-28 06:54
シベリウス、聴きたいですねぇ。ひんやりと透徹なる音魂。
Commented by maru33340 at 2014-08-28 09:54
ああ、確かにそろそろシベリウスを聴きたい季節になりましたね。
by k_hankichi | 2014-08-27 07:44 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち