音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

シリコンヴァレーの光と影

昨夕からカリフォルニアのシリコンヴァレーに来ている。以前と比べて訪れる頻度は減ったが、来る度に変貌している。底知れぬエネルギーの量塊がこの土地の地下や人々の胸に渦巻いているものを感じる。飽くなき欲望、のような、回遊マグロのような。

夕暮れの街並みは、遠くの山々が橙色に輝き、そこが西部の砂漠だったことを思いださせるが、朝の同じ街並みは何者かに追い立てられるかのように前のめりを続ける様相に変わっていて、狐につままれる、とはこういうことかと唖然とする。

c0193136_23495961.jpg

c0193136_23505629.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2014-05-28 00:20 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/22169449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2014-05-28 14:36 x
カリフォルニア・・・私にとっては遠い国・・・。ご無理無きよう^^
Commented by k_hankichi at 2014-05-28 14:52
おようさん、すべての人々が劇のなかで生きているかのように感じます。