音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

朝に広場に座る

みちのくの朝。
人々がぽつぽつと行き交う駅前の広場で、ひとりベンチに座ってみる。

ふだんは足早に通りすぎ、意識のうちから流れるように消え去る光景が、そちら側から外に向けて眺めてみると、周りの世界だけがうごめいていることに気づく。

『静団地行き』バスが発車した。天香久山に近いに違いない。

若人も列をなして旅立つ。

ここは夢の世界への発着所なのだ。
[PR]
by k_hankichi | 2014-04-09 07:20 | 街角・風物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21971606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。