音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

麦飯石が癒す身体

一週間に上海一往復、東北二往復をしてようやく昨晩帰宅したが、身体中が重くフィレ肉のようになっているような感じがする。そしてそこにはじーんと低い周波数が響いている。

これではいかん、と夕方近所の日帰り露天風呂に行った。「湯花楽」という名前で、露天には源泉高濃度炭酸泉や炭湯、深湯、坪湯があり、ラジウムミスト風呂もある。あちこちを子供のように入り回る。

飽きたころに階下に降りれば、麦飯石サウナがある。この室内は広く、そしてボルケーノと言う名前が付いているが、50℃くらいの雰囲気なので居心地よく人々は寝入っている。僕もそこに加わりしばらくゆったり。

身体の奥のほうから、わさわさしたものが次々に抜け出て、ようやく人間に戻ったような感。

出張の途中で何度か「無理をしてはいけないよ」、と言われるたびにそれを笑い飛ばしてきたのだけれど、少しやせ我慢をしていたのかな、と悟った夕方だった。
[PR]
by k_hankichi | 2014-03-08 18:55 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21794178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2014-03-08 21:36 x
本当に無理は禁物です。きっと頭は冴え渡っていらっしゃるのでしょうがお身体には限界があります。今日はサウナのご様子、明日はどうかごゆっくりとバッハを聴きましょう(^^♪
Commented by maru33340 at 2014-03-08 21:58
そや、にいさん、休息が大事やで。
Commented by k_hankichi at 2014-03-09 13:09
おようさん、はい、ゆるりとしております。オルゲル・ビュッヒラインを聴いております。
maruさん、やはり、近々、どこか居酒屋に繰り出しましょう。