雪かきに思う

昨日からの雪で、今朝は家の周辺の何もかもが埋もれていた。暗いうちに外に家人を見送る所用があり、積もり積もった道を大通りまで歩くだけでも難儀だった。

6時過ぎに戻り、二度寝していたところ、外の物音で目が覚めた。お隣さんや斜めお向かいさんが雪かきを始めている。ありゃしまった、こちらもやらねば、と防寒作業着の出で立ちで外に出る。シャベルで掻く。お隣さんも無言で掻く。どこに雪を集めるのかなどという会話はない。それをせずとも邪魔にならないようなところに、それぞれが、黙々と掻き続ける。

一軒おいた方は、住宅地の出入り口の道まで掻き進め除雪を進めている。おお、すごい。なんとも見事。

すかさずこちらも頑張る。僕らは周囲のどこもかしこも掻き進める。まだ掻いていない人の家の前も何もかも、黙々と単純作業をやり続ける。腰が痛くなり腕が痛くなり、もうここらで良いだろう、というところまでやったところで投了。

午後になって、車を出せるようになり、街に出る途中の路側や歩道を眺めながら、ゆっくりと走らせる。どの家もどの人も、自分の家の前だけを掻いているのではなく、周囲の歩道まで清めている。

こんなことは外国では無いのではなかろうか。雪かきのあとの美しさのなかに、日本人の美徳のようなものを感じて、思わずじんとした。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21637955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2014-02-09 20:00
なるほどのう。さそうなんだろうなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2014-02-09 21:59
我が家の近辺はきれいなところ、なにもやってないところさまざま。
そのうちどこもやらなくなるんじゃないかと、、。
Commented by およう at 2014-02-09 22:21 x
お疲れ様でした。
Mein家の回りも男性方の力がいきわたっていました^^
Commented by k_hankichi at 2014-02-10 06:58
maruさん、saheiziさん、おようさん、やっぱり日本人の美徳を信じていきたいと思うのです。
by k_hankichi | 2014-02-09 19:44 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち