現代の夢殿

いつも行くカットサロンに間に合いそうになかったので、外出先で通り掛かった理髪店に入ることにした。

床屋の印しの青赤白のグルグルが外で回っているのに、喫茶店かと見紛えるようなウッディな内装と小洒落たインテリア、そして若い店員。およよ大丈夫かい、と驚く。

導かれるままに椅子に着く。隣の先客は160kmの球速のボールの投げ方だとか、イタリアリーグの本田がミスキックで不評だとか、オーストラリアには人間の数よりも多く羊が居るだとかいうことを理髪師と話している。

こりゃ厄介な店だなあと、顔をしかめたものの、もう後に退けぬ。ぐったりと疲れたふりをしてカットを任せる。まるで撫でるかのようなハサミ裁き。しまったこれはトーシロウの若造か。綺麗になるのだろうか。

そう思ってももはやどうしようもない。あれやこれや裁かれていくうちに、意外にも見事な出来栄えになってゆく。

横倒しにされたかと思うと眉毛まで丁寧に整えられ、肩から背中迄、実に上手に手揉みマッサージを施され、それだけに終わらず電動器具マッサージャを取り出してのの大面積揉みほぐしが加わる。

やややっ、これは想定外だぞと思う束の間、耳の穴をほじくり始めた。おお~実に気持ちよい耳掃除だ。遠く子供時代にしかこんなことをしてもらったことがない。早く早く、左耳も掃除してくれ、といつの間にか念じている僕が居る。

一見さんで入った理髪店。昭和を伝える現代の夢殿だった。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21595441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2014-02-02 21:19
床屋ですね。
美容院とは違った心地よさがありますね。
Commented by k_hankichi at 2014-02-03 07:18
もう、他には行けなくなりそうです。
Commented by およう at 2014-02-03 11:00 x
すっきりはんきち殿が浮かんできます^^
Commented by k_hankichi at 2014-02-03 21:18
おようさん、はい、すっきりです。maruさんもいかが?
Commented by maru33340 at 2014-02-04 21:50
うん
良いね。
そりゃ、良いね。
by k_hankichi | 2014-02-02 20:00 | 街角・風物 | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち