雪の日

雪の朝だ。ぱらぱらと音もなく降り積む雪が美しい。

阿多々良山は少し灰色の影となって遠方に霞む。

「会津あたりは吹雪なんだけどね」、とタクシーの運転手は言う。音階が平盤で実に美しい。

「積もらないですね、日中は気温が高いからね、ただ風が強いと電車がストップするかもね」

不必要ながら今日の天気を尋ねて、その答えの声に心地よくなる。

今日も良い日になると良い。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21581153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2014-01-31 09:40
ああ、ききたし!かの地の訛りを。
Commented by k_hankichi at 2014-01-31 19:46
saheiziさん、真っ平らなる朴訥さです。
Commented by maru33340 at 2014-01-31 20:47
いきたし。
いきます。
いかなくちゃ。
Commented by k_hankichi at 2014-01-31 23:46
maruさん、智恵子の里です。
by k_hankichi | 2014-01-31 07:38 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち