謎がいつまでも残る凄いミステリー・・・『鑑定士と顔のない依頼人』

年末にきてこんなに凄い映画に出会えるとは思わなかった。『鑑定士と顔のない依頼人』(ジョゼッペ・トルナトーレ監督、原題:La migiore offerta, The Best Offer、製作:イタリア)のことだ。HPはココ→http://kanteishi.gaga.ne.jp/

西洋美術にまつわるラブロマンスミステリーとでも云おうか。潔癖症な壮年男の恋でもある。なんだかめっぽう感情移入している自分に気付く。音楽も素晴らしく良い。

『英国王のスピーチ』で吃音治療医師役を演じたジェフリー・ラッシュが、ヨーロッパで活躍する一流の美術鑑定士兼オークションの裁定人を演ずる。かの映画を遥かに上回る快演、名演だ。

舞台はウィーンとおぼきし美しい街。ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、仕事の傍らで、個人的には美しい女性肖像画に魅せられたコレクターでもある。しかし彼は実際の女性に恋をしたことがない。そればかりか女性に触れたこともない。

そんな彼が、とある古屋敷に残された美術品の鑑定を依頼される。うら若い女性グレア(シルヴィア・ホークス、美しい!)が依頼主だ。しかし彼女は顔を見せない。どう応対したらよいか分からない。躊躇いがちながらも、少しずつ鑑定を進めてゆく。そして、彼女の姿を初めて目にした瞬間、ピグマリオンのように深い恋に陥ってしまう。二人の気持ちは近づいてゆき、心は柔らかに融和してゆく。

登場する名画も凄い。ルノワール『ジャンヌ・サマリーの肖像』、モディリアーニ『青い目の女』、ゴヤ『ベルムーデス夫人の肖像』、ブーグロー『ヴィーナスの誕生』、ティツィアーノ『ラ・ベッラ』、ボッカチーノ『ジプシーの少女』、クレディ『カテリーナ・スフォルツァ』などなど。

そんな豪華絢爛なる美の展開に、身も心もとろけていたら、最後に全く意外なる展開が待ち受けている。ミステリーだからここには書けないけれども、真実は何だったのか、観終わっても謎のまま放心してしまう。プログラムを買って、やっと朧気ながら分かることができた。

「この映画は、フロイトの故郷であるウィーンに始まり、カフカの故郷のプラハで終わる。」と製作クルーの誰かがいったそうで、たしかに最後に出てきたプラハのカフェ「ナイトアンドデイ」のシーンは、男の深層心理と哲学のすべてが凝集したかのような量塊で、ヴァージル、そして僕に迫る。

マーラーのアダージョのような音楽(エンリオ・モリコーネ作曲)が、いつまでも濃厚に残る、何とも奥の深い映画だった。

■スタッフ
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影:ファビオ・ザマリオン
美術:マウリツィオ・サバティーニ
衣装:マウリツィオ・ミレノッティ
■キャスト
ジェフリー・ラッシュ:バージル・オドマン
ジム・スタージェス:ロバート
シルビア・ホークス:クレア
ドナルド・サザーランド:ビリー
■原題La migliore offerta、2013年、イタリア

■映画トレイラー →http://youtu.be/3a5hxZ-chfM

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21261790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2013-12-26 08:17
これは観たいなあ。
Commented by k_hankichi at 2013-12-26 10:15
今年のベスト争いにいきなり躍り出ました。
Commented by saheizi-inokori at 2013-12-26 10:33
行こうと思ってますが、カミサンも行きたいというので予定が合わないのです。二人だと安くなる(カミサンが)。
Commented by k_hankichi at 2013-12-26 11:48
saheiziさん、是非ともお薦めです。今年のあの流行語大賞の言葉(学習塾の先生の)が聞こえてくるかのようです。
Commented by およう at 2013-12-26 18:46 x
こちらでも、うふっ、先ほど日比谷で観てきました。
人間の真贋が問われている大変面白い作品でお昼なのに満席(@_@)。音楽も最後まで聴いてきましたがヒットしそう^^
Commented by k_hankichi at 2013-12-27 00:46
おようさん、真贋の問い、そうですね! 音楽も素晴らしかったですね。僕も日比谷で観ました。
by k_hankichi | 2013-12-25 17:33 | 映画 | Trackback | Comments(6)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち