音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

東に西に・・・江戸時代戦法との闘い

家人の仮住まい探しに付き合わされている。先週末から、地図のうえを東に西に。そして外出の際の合間にもう一足伸ばして、これはと思うところを南に北に歩いてみる。

地図で見る先々、訪れる場所場所に、なんらかの記憶の欠片が残っていて、その度に、ああここは、この場所はね、と少し語る。

はじめは「へぇ~」「ふぅん」という感じの反応が、やがて「えぇ~?」「ふぅーむ」という怪訝さ(何でそんなこと知ってるのという)に変わる。

僕はその土地の江戸時代からの由縁に絡めたくなり、これこれこうなのだから、ここが良いのだ。と決めつけ気味に語る。

反発がくる。単に通う先に近ければ良いだけらしい。

住まいの仕様についても僕は建物の構造体の組み方や採光に興味がある。しかしそれには反応がない。仕様や住み方に、ちょっと違った主義がある模様。

選定は、だから暗礁に乗り上げている。

顧客の真のVOCはなにか?

付け焼き刃のマーケティング手法を使ってみようか、いやまた、江戸時代戦法で貫くべきか、迷いがまだある今日である。
[PR]
by k_hankichi | 2013-12-10 06:52 | 街角・風物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/21074838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。