我、ノアノア雲と命名す

友人が雲の鑑賞に填まっている。肋骨雲だとか、巻雲だとか高積雲だとか、ひこうき雲だとか。

今朝は昨晩の雨が上がって、つかの間の晴れ間が東の空に広がった。高い空にある雲がつくる形は、上空から南洋の海をみたときの海岸線のように見える。低い空にある、平安時代の絵巻物に出てくるような雲は、その海に掛かる廂だ。

夕暮れにそんな雲を眺めると、南洋のタヒチかニューカレドニアの地に降り立とうとする機窓からの景色に思えてならないが、今朝のこの空は、嵐のあとの朝に、「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行く」と呟く画家の心のように澄んでいた。

…HiroF9F5.gif
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/20769799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2013-09-25 22:27 x
今日の雲は見てないー。貴殿のJazzの画像を観た後のユーチューブに小澤征爾指揮アンネ・ゾフィー・ムターとカラヤン指揮彼女の10代の時の演奏を聴き比べていて午後のひとときを過ごしてしまいました。楽しませていただきました^^よってノアノア雲もタヒチの空のような雲も見ず雨音ばかりでした。
Commented by k_hankichi at 2013-09-26 06:51
おようさん、ヴァイオリニストとしての成長というものを、感じさせますよね。
Commented by maru33340 at 2013-09-26 06:59
次回は写真を掲載されたし。雲博士が診断いたします(^^;
Commented by k_hankichi at 2013-09-26 07:07
maru雲博士、はいっ、アイアイサー。
by k_hankichi | 2013-09-25 07:29 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち