音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

鯛焼きは、銭湯のあとで・・・暑さをしのぐ方法

今夕は久々の銭湯巡礼。四谷・三栄町の銭湯『塩湯』は、四谷駅前のしんみち通りの裏にある。江戸時代に、この近くは四谷塩町と呼ばれていて、だからこの名前がついたようだ。

壁絵は、後ろに穂高岳のような山が見える上高地のような図。湯はすこし熱めの44℃。ジェット噴流と泡のそれぞれの湯船があり、強すぎず気持ち良い。入浴剤のようなものがすこし入っていて、湯は心持ち青色だ。クールミントのような感じで、湯からあがると少しだけひんやりした清涼な心地になる。

さっぱりしたあとは、やはり四谷若葉町の鯛焼き『若葉』だ。暑い日に熱い湯に入ったあとに、熱々の鯛焼きを食べると、気温やら身体の火照りを忘れてしまいそうになる。暑さをしのぐ方法を考案した発明家のような気分になった。

c0193136_19152947.jpg

c0193136_19162664.jpg

c0193136_19172495.jpg

c0193136_19181637.jpg

c0193136_1919922.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2013-08-03 19:47 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/20581124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2013-08-04 07:31
銭湯に鯛焼き、実に正しい!
Commented by k_hankichi at 2013-08-04 08:00
「夏の夕 熱き湯殿で 変わりゆく この世の苦さ 鯛焼きの甘さに」
「鯛焼きの 餡の塩味 江戸さかのぼる 四谷塩湯に なびく風鈴」
Commented by saheizi-inokori at 2013-08-04 09:41
熱い湯ですよね。
荒木町というコースもありまっせ^^。
Commented by k_hankichi at 2013-08-04 12:48
Saheiziさん、はい、熱かったです。荒木町コース、探訪してみたいなあ。