夏の眩暈

大学生くらいまでは、夏の暑さはへいちゃらだった。それだけでなく、もっと暑くても耐えられる、と思っていた。

それがいつしか我慢できなくなっていた。我慢ができないということだけではなく、我慢してはいけないとようやく悟ったのは、アメリカに出張してテキサスのダラスの街を歩いたときだ。

真夏のダラスの歩道は、誰も歩いていない。アスファルトは柔らかく、なんだかスポンジの上を歩いているかのよう。リー・ハーヴェイ・オズワルドが大統領を狙って撃った教科書ビルの六階が、「Sixth Floor」というメモリアルになっていて、そこでさんざん悲劇の映像や鎮魂のナレーションを聞きすぎたからなのかと思ったが、そのとき足元から街全体が地震に遭ったときのようにグラグラしていた。

眩暈だった。

大きな広告塔の上にしるされた気温は、102Fであるとか106Fとかであり、それは建物の階数ではもちろんなくて40℃に相当することを示していた。

それは例えば風邪で熱が高いときに、足元がおぼつかないときに似ていて、そのとき初めて、気温が高すぎると身体制御能力が弱まり、そうなってしまうことを知った。

怖いほどのこの夏の暑さ。眩暈を予感する。
[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/20487836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2013-07-11 19:47 x
熱に魘されたテキサスの街を行く貴殿、想像を絶します。

今日も本国の暑さよ。

耐えられるか耐えられぬか神のみぞ知る。
Commented by maru33340 at 2013-07-11 21:45
ほんまにはんきちはんいうてもしゃあないとはおもうけど もうあつうてあつうてたまらんわ そらめまいかてしますがな 
と、入り口をはいるなりやかましいことやかましくないこと
茂吉はんそないなところにたっとかんでこっちおはいりいな
とおようは声をかけた
Commented by k_hankichi at 2013-07-11 23:08
おようさん、戸口にいる僕を呼んでくださったのですね。かたじけない。
Commented by およう at 2013-07-12 00:27 x
こちらのうな丼の方が大きいでしょ§^。^§
Commented by k_hankichi at 2013-07-12 00:36
ん・・・? おようさん、は、はい。オッキイです。オッキイです・・。
by k_hankichi | 2013-07-11 07:59 | 街角・風物 | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち