音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

梅雨入りの恵み

関東は、平年より10日早い梅雨入りになった。今朝も弱い雨が降り続けている。

僕は雨や台風や雪が好きなので、梅雨もその例外ではなく、なにか気持ちがほっとしている。

雨に慕情を感じるようになったのは、小学生のころだったか(或いはもっと前からか)、永谷園がお茶漬け海苔のパッケージのなかに一枚、安藤広重の「東海道五十三次」のカードを入れ始めたころからのような気がする。

袋のなかには毎回異なる宿場のカードが入っていて、そのなかに訪れたことがない雨降る風情の街道や村が描かれているものがあるたるたびに、遠い昔と遠い場所、遠い人々の思いが重なるようなかんじで、陶然とした気持ちになるのだった。

ちょっと薄暗い部屋の夕暮れに、そんなカードの数々を机のうえに並べて、絵のなかで歩いている人々の旅の軌跡を繋げて、空想の話を考えたりした。

いまも雨は不思議と気持ちを落ち着ける。静かに沈みゆく感覚は水のなかに居る感覚とも似ている。
[PR]
by k_hankichi | 2013-05-30 06:36 | 街角・風物 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/20291697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2013-05-30 08:18
確かに雨には、大きな荷物を持って移動するのでなければ、どこか人の心を落ち着けさせてくれるものがあるので、朝からカツサンドと冷えたハイボールを持ってロオカル線に乗り込み、行き先を決めない旅に出たくなる。
Commented by Je at 2013-05-30 08:22 x
文章から入梅を静かに受け入れる気持になりました。
お身体お大切に。
Commented by k_hankichi at 2013-05-30 20:42
maruさん、はい、そんな気分がします。そして、夜には、雨の降りつむ露天風呂で、ぬる燗でお酒をすこしづつ呷るのです。
jeさん、は、はい、静かに受け入れですよ。しかし、身体について・・・なんとも見透かされているような・・・。すごい洞察。