新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
イリヤ・カーラーの謎・・・素晴らしいイザイの無伴奏ヴァイオリンソナタから
年末に、ウジェーヌ=オーギュスト・イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ・全6曲(第1番~第6番、作品27)が入っているCDを買って、聴いている。ここでは、この曲だけでなく、演奏家についても感心することがあったので、記載する。

■音盤:NAXOS 8.555996
■録音:2001年12月6-9日、@St. John Chrysostom Church (Newmarket, Ontario, Canada)

作曲は1924年(大正13年)だから、ドビュッシーのヴァイオリンソナタ(1917年)、ラヴェルのヴァイオリンソナタ(1927年)など印象派的な音楽が台頭する時代だ。そんななかのイザイの曲には、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ、パルティータからの引用・反映が、そこかしこに散りばめられている。敢えてバッハを彷彿させ、さらに難易度を増した曲を書いたところに、時代の音楽への反骨精神と、自らのヴィルトオーゾとしての沽券と理想が感じられる。これらの曲は、後進のヴァイオリニストたちにそれぞれ献呈された。

第1番 ト短調 (献呈: ヨゼフ・シゲティ) …第1楽章は、バッハの無伴奏ソナタ第1番ト短調の反映がある。
第2番 イ短調 (献呈: ジャック・ティボー) …第1楽章は、バッハの無伴奏パルティータ第3番ホ長調のプレリュードからの反映、第3, 4楽章はベルリオーズの幻想交響曲からの反映がある。
第3番 ニ短調 「バラード」(献呈: ジョルジェ・エネスク)
第4番 ホ短調 (献呈: フリッツ・クライスラー)
第5番 ト長調 (献呈: マチュー・クリックボーム)
第6番 ホ長調 (献呈: マヌエル・キロガ)

さてこのCD、演奏と音がめっぽうよい(上手い)。NAXOSレーベルだからと侮ってはならない。イリヤ・カーラー(Ilya Kaler)という1963年生まれのロシア出身のヴァイオリニストが弾いている(僕らとほぼ同年代だ)。調べたらパガニーニ国際コンクール(1981年)、シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール(1985年)、チャイコフスキー国際コンクール(1986年)の3つのコンクールにすべて第1位を受賞した逸材。ヴァイオリンは、シカゴのストラディヴァリ協会より貸与された、1735年製のグァルネリ‘センハウザー’だ。僕は恥ずかしながら、こんな超ド級のヴァイオリニストが居るということを知らなかった。

彼は、このほかにもたくさん、NAXOSレーベルに録音を残している。いったい、どうしてそういうことになっているのか。これだけのコンクール経歴の持ち主であれば、世界のどの国の興行主やオーケストラからも、引く手あまたで、メジャーレーベルでの録音もされるであろうに。
ココ→http://www.naxos.com/person/Ilya_Kaler/354.htm

調べてみたら、何と、彼はいま、アメリカの大学で後進の育成に注力をしている。イリノイ州・シカゴにある、デポール大学(DePaul University、カソリック系大学では米国最大)の音楽学部・ヴァイオリン教授だ。そして、彼の奥さんのOlga Kaler(美しい)もここのヴァイオリン教授を務めている(ノースウエスタン大学でPh.Dまで取得している)。奥さんはウクライナ出身でモスクワ音楽院で一緒だったらしい。彼はWebのうえで演奏家個人のホームページでさえ作っていない(奥さんのものはあってそれは立派である)。
DePaul大・音楽学部 ココ→http://music.depaul.edu/FacultyAndStaff/FacultyAZ/index.asp
Olga KalerのHP ココ→http://www.olgadkaler.com./

このことで、世界最頂点に立ったヴァイオリニストが選ぶ道は、ソリストだけではないのだ、ということを知った。また彼は、そのソリストとしての活動は止めているわけではなく、いくつかを並行してこなしており、昨年、ベルリン交響楽団とともに来日していたことも知った。

彼のこの半生を知ってみたい。東西冷戦のなか、3つのコンクールでの優勝を成し遂げ、しかしその後、彼がどのような活躍をしたのか。賞賛のほかにも、その逆も味わったのか。そしていま、名だたる欧米の音楽院ではなく、どうして米国中部の私立大・音楽学部に居るのか。ここには、小説としての題材にもなりそうな隠されたストーリーがあるのではと、ちょっとワクワクしてしまった。

この人の演奏をいつか生で、必ず聴きたい。

■こちらはイリヤ・カーラーのバッハの無伴奏(Youtubeにアップされていた)
このガボットとサラバントは、気負いなく軽々と弾きながら、しっかりとした太い芯があり、味わいがある。
1. Gavotte from Partita no.3 in E Major
2. Sarabande from Partita no.1 in B minor

イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Op. 27(カーレル)

カーラー / Naxos

スコア:


[PR]
by k_hankichi | 2013-01-02 00:06 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/19079138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。