神田小川町の豊穣

昨日は午後から神田神保町へ。古書などを買い求めたあと、待ち合わせていた友人と合流して、軽く一、二杯飲む。

そして、暮れなずむ夕日を背景に二軒目を目指して歩いていると、神田小川町に差し掛かったところで、何と目の前に東京スカイツリー!一瞬この目を疑った。

しかし少し考えてみれば、靖国通りはそこで少し蛇行しており(その北に御用屋敷と稲葉長門守の広大な屋敷があったため)、道路は東北東の押上の方角に向いているのだ。新たな東京の名所発見!という感じだった。

気になってWebをすこし探してみれば、日本アート・センター「神保町の風景」というコーナーに、同じ場所から「建築中」のツリーを発見したという記事(2010年5月)もある。東京の北にあると皆思っているので、あんなところに見えると、さぞびっくりしたことだろう。(ここのWebは神保町のいろいろな場所の記録を定期的にアップしていてなかなか良い。)

さて、都電が走っていた時代はどうなのだろうかと、手持ちの写真集を繰っていたら、ほぼ同じ場所の写真があった。

カーヴがある神田小川町。なにやらいろいろな「気」があつまるところである感がある。

■2012/8/18 @散策
c0193136_18361643.jpg

■2010/5/17 @日本アート・センターWeb(http://www.acenter.co.jp/frame2010.htm)

■1965/5月 @『都電の消えた街 下町編』(大正出版 P73、写真:諸河久)
c0193136_1846048.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/18359176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Je at 2012-08-19 20:39 x
 なるほどなるほど!気がつきませんでした。
その昔、Jeはこの都電に乗って丸の内まで通勤したのでございます。
Commented by maru33340 at 2012-08-19 21:30
確かに地図をよく見てみると、あの方角の先にスカイツリーがあるなあ。
都電の景色も間違いなああの土地の雰囲気そのままだ。
東京には地霊が住んでおるようだ。
Commented by k_hankichi at 2012-08-19 23:18
Jeさん、なんと・・・。写真の都電は37系統(三田~駒込千駄木町)ですね。このほかにも、小川町を通るのは、15系統(高田馬場~茅場町)や、25系統(西荒川~日比谷公園)などありますね。

Maruさん、あのあたりは、都電の繁華街のような交錯地域でもあります。
Commented by Je at 2012-08-20 00:04 x
なんでなんでそのようにお詳しいのですか?(*_*)
50年近く前の事、須田町か小川町あたりで乗り換えて大手町を通って丸の内方面でしたかしら・・・。あ~あ、忘却なり!
Commented by k_hankichi at 2012-08-20 06:31
Jeさん、乗り物ファンではありませんが、都電(やその後継の都バス)は好きなのです。街と街とを結ぶ、線の世界を思い出したり、想像していると楽しくなります。「乗り換え」「乗り継ぎ」もまた楽しいですね。
by k_hankichi | 2012-08-19 18:47 | 街角・風物 | Trackback | Comments(5)

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です


by はんきち