音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

下北沢:へび道の昼の健やかなる世界と夜の魔界へのいざない

下北沢駅からの道を下り、蛇のようにくねる、世田谷の緑道を散策した。ずっとむかしに、ちかくを歩いたようなのだが、昼間にそこを見たことが無かった。

かつては、澁谷川だか神田川の流れらしく(あるいは玉川上水の下流か)、自然のなかに調和した渓流を想像させた。いろいろな想いを混ぜこぜにしながら、そして、そこここの建物を眺めながら(初めてそういった建物を認識したりしながら)、環状七号線と交叉するところまで歩いた。なにか心のそこから、ほっとする気持ちになった。

蛇は夜にはさまざまなる気持ちを醸し出すのかもしれないが、昼間はすこやかなるせせらぎと爽やかなる世界を形成していた。春の日差しの桜並木をも想像させるほどだった。

c0193136_22462895.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2012-07-22 22:19 | 街角・風物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/18257060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maru33340 at 2012-07-23 07:11
良い散歩道でありました。
Commented by k_hankichi at 2012-07-23 07:34
あれならば、毎日でも散歩したくなる。
Commented by Je at 2012-07-23 10:23 x
素敵なFotoですねー。きっとお二人並んで歩かれたのでしょうか・・・。
Commented by saheizi-inokori at 2012-07-23 11:23
下北沢緑道ですね。
池ノ上まで続いている、前はよく歩きましたよ。
両側の家に親しみがありますね。
Commented by k_hankichi at 2012-07-23 21:22
Jeさん、はい、然りです。
Commented by k_hankichi at 2012-07-23 21:25
Saheiziさん、はい、実に良い緑道です。東京の緑道ベスト何某に入るのでは。