音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です

by はんきち

ブリュッセル再訪・・・何度歩いても、飽くことのない石畳

欧州最後の夕べとなった。相変わらずこの街の石畳を歩く。徘徊する、と言ったほうがよいかもしれない。どうしてこの街はここまで僕の心を惹きつけるのか・・・。時が経ないと、だれも教えてくれないかもしれない。それでもよい、そうおもう。

c0193136_871951.jpg
c0193136_81281.jpg
c0193136_818328.jpg
c0193136_820955.jpg
c0193136_8211574.jpg
c0193136_8235479.jpg

[PR]
by k_hankichi | 2012-05-17 08:34 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hankichi.exblog.jp/tb/17975657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Je at 2012-05-17 09:28 x
お好きな意味がわかるような気がします。
言葉はフランス語ですか?ドイツ語ですか?どちらをおつかいになっていらっしゃるのかしら?ベルギーの中心なので英語かなー。
Commented by k_hankichi at 2012-05-17 15:21
漆黒の空のなかに、照らされ浮かびあがる建物のあいまを歩いていると、いつのまにか中世に自分がいるように思うのです。

ブリュッセルの街の中心の言語はフランス語です。東にゆくとフラマン語になっていきます。