新・はんきちのつぶやき
hankichi.exblog.jp

音楽、小説、そして酒を愛する方々との空間です
検索
お気に入りブログ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事
カテゴリ
外部リンク
その他のリンク
■放送局
・WQXR-New York's Classical Music Radio Station
・Arte TV ドイツ語
・Arte TVフランス語
・NPR(米国ナショナルパブリックラジオ)
・NHK Classic
・BBC Classic

■Blog
・木曽のあばら屋
・先見日記
Hankichiをフォローしましょう

■音楽関連
・ディグるYou Tube
・月刊ショパン
・HMV クラシック
・Tower Recordsクラシカル
・クラシック倶楽部
・HMV評論家エッセイ
・Public Domain classic
・Patricia Kopatchinskaja
・庄司紗矢香
・青柳いずみこオフィシャルサイト

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

■書籍、書評
・【ほんぶろ】
・朝日新聞書評
・松丸本舗
・往来堂書店
・フィクショネス
・BOOK TOWNじんぼう
・青空文庫 Aozora Bunko
・BOOK Asahi.com
にほんブログ村 本ブログへ

■酒
・酒とつまみ/酒飲み人生謳歌マガジン
・間口一就 まぐちかずなりの、ウェブサイト
・酒文化研究所
・鹿児島県酒造組合
・英国スコッチWhisky協会
・英国ジン・ウオッカ協会
・フランスワイン公式サイト
・ボルドーワイン委員会
・シャンパーニュ地方ワイン生産委員会
・シャンパーニュメゾン協会
・ブルゴーニュワイン公式サイト
・ロワールワイン公式サイト
・スペインカヴァ協会公式サイト
にほんブログ村 酒ブログへ

■TV
・不毛地帯
・のだめカンタービレ フィナーレ
・それでも、生きてゆく
・問題のあるレストラン

■映画
・蓮實重彦「あなたに映画を愛しているとは言わせない」
・Ozu-san.com
・昔の映画を見ています

■写真、技術
・ある技術者の写真アート
・リソグラフィGuru

■街角探検
・昭和毎日
・横浜都市発展記念館
・web東京荏原都市物語資料館
・世田谷文学館
・MORISHINS MEW (ARCHHITEC)
・「ハマちゃん」のがらくた箱
・ぽこぺん都電館

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新のトラックバック
蜜蜂と遠雷
from 天竺堂の本棚
『ミカドの肖像』
from 観・読・聴・験 備忘録
映画「顔のないヒトラーた..
from みなと横浜みなみ区3丁目
日本にも潜んでいそうな ..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍政権NO!大行進&「..
from 梟通信~ホンの戯言
ブログパーツ
魅惑の街角・・・いつか必ずベルリンへ
ベルリンは行ったことが無い。出張の際の乗り換え経由地にもなったこともない。それでも僕はこの街のことを知っている。もちろんフィルハーモニーと共にある音楽の響きや、ブランデンブルグなどの曲にまつわる知識からなのだけれど。

そんな僕が、この小説を手に取って視線を走らせた途端、もう完全に魅せられてしまった。『百年の散歩』(多和田葉子、新潮社)。

愛する人と待ち合わせをしながら、たいていすっぽかされ待ちぼうけしてしまう。憧憬と愛情の気持ちをぶつけることができないままに街区を散歩する孤独。

しかしその足を向けるそれぞれの街角には、ドイツのみならず沢山の国からきた人たちの生活があり、それは歴史や風景、記憶、軌跡と交錯する。10の街角のそれぞれに託された小説家の想いは、いじらしさと枯淡と、そしていつまでも消えない小さくても力強い愛の炎と共にある。

・カント通り
・カール・マルクス通り
・マルティン・ルター通り
・ㇾネー・シンテニス広場
・ローザ・ルクセンブルク通り
・プーシキン並木通り
・リヒャルト・ワーグナー通り
・コルヴィッツ通り
・トゥホルスキー通り
・マヤコフスキーリング

どんな観光案内よりも素晴らしく、虜になった僕は「いつか必ずベルリンへ」と呪文を唱える。

c0193136_07482867.jpg
c0193136_07483277.jpg

[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-26 07:44 | | Trackback | Comments(2)
息を殺して読んでいた
久しぶりに小説が読める時間が持てるようになった。その一冊目は『よるのふくらみ』(窪美澄、新潮文庫)。

心身にズキズキと食い込んでくる作品で、現実とフィクションの境界が曖昧になる。

夢にまでも出てきそうで、それは実は実際の自分だった、というなドンデン返しまで準備されていそうな感覚。

おわりまで辿り着いたとき、そこまでずっと息を殺して活字を追っていたことに気づいた。

ミステリー作品以外でこんなふうになるとは。

解説を書いている尾崎世界観というミュージシャンの言葉に深く頷いた。

どんな音楽の人かは知らないが、分かった人だと思った。

“窪さんの作品を読むと、誰かと繋がっていたくなるから困る。諦めていた本当のことに向き合ってしまいそうで苦しくなる。そして、そのことに安心する。”

何てこった。

c0193136_18225823.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-18 18:21 | | Trackback | Comments(4)
一年ぶりのマタイに感銘する
昨日は一年ぶりにマタイ受難曲を聴きに行った。彩の国さいたま芸術劇場でのバッハ・コレギウム・ジャパンによる演奏。

昨年の聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団が、伝統正統派の粋だとすれば、今回のものは古楽に遡って深く顧みた知性が生み出す最高の震えだった。

鈴木雅明氏による全体の統率は一糸乱れず、しかしそれはガチガチに強制されたものではなく全体が思考の流れのように体現され、各自がそれに寄り添いながら自然に発露させていった。

最も目を引いたのは、ハンナ・モリソンというオランダ人で(スコットランドとアイルランドの血筋の家系)、微動だにしない背筋の伸びた佇まいとおそろしく透明なソプラノとその美貌に、このひとは地球人ではなく宇宙人に違いない、と息を呑む。

http://www.bach-cantatas.com/Bio/Morrison-Hannah.htm
http://jp.medici.tv/#!/hannah-morrison
http://www.hannahmorrison.eu/

そしてもうひとつ、クリスティアン・イムラーという歌い手の風貌と潤いに満ちた太いバスは、まさにその名前の通りイエス・キリストそのものがそこに居るかのようで、紛うことなく、マタイ受難曲の演奏史上、最もイエスに近い男と呼ばれるべきと思った。

http://www.christianimmler.com/
http://bcj2014.bachcollegiumjapan.org/artists/christianimmle/
 
c0193136_21484472.jpg

[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-16 21:48 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
景色を眺める。ただ眺める。
毎日、乗り物で通勤しているのだけれど、そのあいだ本を読んだり携帯電話を見たりしていて、あまり外の景色を眺めていなかったなと思った。

気づいてみれば都心の桜は盛りを過ぎ、そればかりか既に散りゆくころで、皐月の趣きさえ香り始めている。

外を眺めよ!

風情を感ぜよ!

順三郎が世田谷の野道を歩みながら、アポロンの哲人やらシェイクスピアの老婆に出逢ったように、僕たちは春の道端をほっつき歩かなければ。

歩けなければ眺め続けなければ。

浜風さえ吹いているかもしれない。

c0193136_07490253.jpg

■ケーキ越しに春の港を眺める。先日の慶事にて。
[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-12 07:44 | 街角・風物 | Trackback | Comments(2)
『オズの魔法使い』に触れられて
『オズの魔法使い』を引用した本を読んでいる。小説とは異なる次元の内容なのだけれど、人々が生きるこの世の中というのは結局はむかしから言い含められてきた「公序良俗」のなかに帰結するのかもしれない。

結局は、自分の家が舞い降りたところ“東の悪い魔女”に途がある。

ジュディー・ガーランドが主演したあの総天然色映画を再びじっくりと観てみたいと思った。

c0193136_07522141.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-11 07:38 | | Trackback | Comments(0)
『悲愴』が寄り添う転機
録画してあった映画『最高の人生のはじめ方』(2012年、アメリカ)を観た。

主演はモーガン・フリーマンとヴアージニア・マドセン。監督はロブ・ライナー。大御所が揃っている。

舞台はミシガン州ベルアイルという湖を臨んだ避暑地。西部劇小説家のモンテ・ワイルドホーン(モーガン・フリーマン)は夏を過ごすためにこの地を訪れる。妻に先立たれ、失意のまま酒に溺れて自暴自棄になっている。

隣の家にはシャーロット・オニール(ヴアージニア・マドセン)と三人娘がニューヨークから引っ越してきて住んでいる。

モンテはなかなか周囲に打ち解けようとしないが、隣家の娘たちと物語の話をしているうちにだんだんと心を開き始める。

夕食に招かれたあとの時間、シャーロットが弾き始めたのがベートーヴェンのピアノソナタ第8番ハ短調『悲愴』の第2楽章だ。彼の心の鍵はここで完全に抉じ開けられた。

音楽がもたらした人生の転機。

観終えてから無性に『悲愴』が聴きたくなって、何枚かのCDをトレイに載せてみた。何故かスタニスラフ・ブーニンによるものが、一番沁み入った。

c0193136_21221043.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-08 08:43 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
遺構を掘り出す旅
引っ越しで運んだ段ボールの数々を荷ほどきしていて、学生時代のLPレコードが三百枚規模で出てきて驚いていたが、先週はそのころの日記(というか雑文集のようなもの)が束になって見つかった。

よくもまあこんなに毎日書くことがあったなあ、というほど、様々なことを書き連ねている。思索はなかなか前進はなく幾度も幾度も始めに戻る。それでも懲りなく言葉は重ねられ、棄却され、発見し(したかのように思い)創造されてゆく。

呆れ果てたいが、しかし頭が下がる。このエネルギーは今の僕にはない故に。

気が向くままに、いくつかページを繰っているだけで夜は更けゆく。遺構を掘り進める旅は発見の旅。

まだ始まったばかりだ。

c0193136_21215478.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-04-06 08:19 | 一般 | Trackback | Comments(4)
三丁目の朝日
予定よりも早く乗り換え駅に着いてしまい、はてと思った。そうか外に出てみようと一歩踏み出してみれば、そこは昭和と平成が複雑に交錯する場所だった。

目の前の地名は台東区東上野三丁目だと知り、そうかこれは『三丁目の朝日』だなあ、と感じ入った。

c0193136_07254675.jpg
c0193136_07254989.jpg
c0193136_07255180.jpg
c0193136_07255433.jpg
c0193136_07255625.jpg

[PR]
# by k_hankichi | 2017-03-30 07:24 | 街角・風物 | Trackback | Comments(0)
もうひとりの浦島太郎
転居したタイミングで、押し入れの奥からLPレコードが入った段ボール箱がいくつか出てきて、かぞえたら数百枚あることが分かった。眺めていたら無性にそれらを再生したくなり、週末に御茶ノ水に足を向けてつらつら眺めているうちに、再生用のアンプや小型スピーカーなどが手元に揃うことになった。

LPレコードを聴く前に、まずはCDを再生してみる。

そこはかとなくバッハの平均律がふくよかに響いてきて、さすがにヘッドフォンで聴く脳内定位とは違うなあと思う反面、学生時代に神妙に耳を傾けたオーディオとはなにかが異なると思った。

押し入れの奥に眠っていたダイレクトドライブ方式のターンテーブルを繋いでみる。20年以上振りに息を吹き返すその機器に載せたのは、ブルーノ・ワルター指揮、ニューヨークフィルハーモニーによるブラームス交響曲第2番のLP(モノラルだ)。

遠く森の奥深くから、微かに響いてくるような金管のか弱さ。

嗚呼。これだ。これがあのころの胸の打ち震えだった。

平成の浦島太郎は、音盤の波打ち際を眺め回した。空白の歳月のことにはまだ気づいていない。

c0193136_20470433.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-03-29 18:58 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
一足早いお花見に向かう場所
今朝もみちのくに向かう道すがら。野暮用で一旦上野駅で下車してみると、そこには巨大なる桜のモニュメント。造花なのだろうけれども、生半可でなく圧倒的だ。

桜の下に埋まっているもののことを書いたのは梶井基次郎だったなあと思いながら、下のほうを見ると、あにはからんや、そこにはミニチュアのパンダが遊んでいる図。ああよかったと安心する。

一足早いお花見には、上野の山ならぬ、上野の駅に向かうべし。

c0193136_07145602.jpg


[PR]
# by k_hankichi | 2017-03-24 07:14 | 街角・風物 | Trackback | Comments(4)